審査でした。
私は、8月に合格したので六か月は開けないと次は受けられません。
五段からは、連合審査といって、県内審査ではないのでちょっと大変です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

門人の応援に来ていたのですが・・・。
落ちました。
ショックで彼女も納得してないのが伝わってきます。
傍目でも合格間違いなしに見えました。
審査委員以外の諸先生方は、「大丈夫」とのことだったにもかかわらず!
何かの間違いではないかと、何度も見に行きました。
何度見ても、合格ではなかった。
しばらく待って、「間違いでした」となるのではないかと、掲示板の前で佇んでいたけど、間違いではなかった。

信じられなくて、悔し涙も出ません。
ただ、茫然としていました。

悔しのは私よりも落ちた当人です。

これからのことを話し合いました。
私の仕事は、彼女をサポートすること。
なので、その力不足を謝り、今後の展望とトレーニングについて語り合いました。

いくつかのルールを設けました。
まずは稽古しすぎないこと。
短い時間で集注すること。
(審査は五段までは、一手二本です。錬士審査からは変わりますが)。

だから、稽古の終わりにバンバン的中してもダメなんです。
稽古の最初に的中させる。
それも二本(皆中)。

体配の稽古をきちんとする。
礼射で中てる。

色々と申し上げてしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番しんどかったのは、自分自身の合格がマグレだろうと言うこと。
彼女の方が歴も長く、圧倒的に体配もきれいです。
でも、合格しない・・・。
私はずるで適当に受かってしまったのが、とても悔やまれる。
指導力もないし、見る目もまだまだ。しかし、彼女は先に合格したということで、私を頼って下さる。
それなのに、何もできない自分が悔しい。

もう一つ。
あのヒトと同じ年齢の人(あのヒトの知り合いです)が、審査を受けた。
それを見ていたら、あのヒトも稽古を始めて下さっていたら、この場に立っていたと思うと、涙が出た。
あのヒトの地区の先生方とも親しくなったが、「今年は教室に0人やもん(;_:)」とぼやいておられた。
あのヒトが、一緒に稽古していたら、どんなに善かっただろうと思う。
身体の使い方について、心の保ち方についてじっくり取り組めるのは、この武道以外にあり得ない。

もう望むべくもないのだなと、年配の受審者たちを見ながら思う。

寂しい。
あなたについて書こうとすると、神さまが邪魔をするのか。
突然、ページが飛んだり、フリーズしたりする。

うむむ。

神さま。

あのヒトの、幸せを邪魔する意図はまったくありません!!
ただ、あのヒトに伝えたい。
あなたは、とってもすごい人で、とっても魅力的で、とってもすてきな人。
遠くから、あなたの幸せを祈っていると、伝えたい。

それすら、ダメですか? 神さま。

忘れようとしても、あなたに似た人は多い。
ちょっとした仕草や角度で、あなたを思い出してしまう。
心が動揺するのが、わかる。
何事もなかったように、私はスルーするけど、心の中は嵐だ。

こうして、ここにちょっとだけ書かせて、神さま。

あのヒトに何を感じているのか。
恋でもなく、愛でもない。
親しみでも、愛着でもない。

あのヒトに感じているのは、尊敬と畏敬の念にむしろ近い。
手を触れるなど、恐れ多い。
私には、とても遠い人。

それでも、私はあなたを想うし、あなたを忘れない。
胸が苦しい。またクリスマスが来るし、また桜が咲く。
あなたがいなくても、あなたと会えなくても、季節はめぐる。
それだけが唯一の慰めと言っていいだろうか。

会える日まで、必死にがんばる!
2018/12/16(日) 23:55 あなたに PERMALINK COM(0)
矢は、2回買った。最初の矢は、一番安いのを師匠に選んでもらった柄のターキー。六本、1万三千円くらい。
同期の仲間のEさんが、青を、私が黒の矧糸だった。
一年必死に引いて、ボロになったのと腕前が上がらないのは矢のせいかもしれないと思って、慌てて楽天で安い矢を買った。
なんか特価のやつを割引クーポンで買ったので、六本1万円くらいの値段だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それを最初の矢よりもずっと長く使っている。
1年半くらかなあ。ほぼ毎日。長いときは4時間くらい、短いときでも1時間は引く。
もうボロボロの羽なし部分が増えてきた。

前の矢は「ボロ」といっても今使っているのと比べれば全然きれい。

なので、悩んだあげく、新人さんでとても真面目な女性に差し上げた。
彼女は矢を買えないらしく、ずいぶんと長いこと教室の合わない矢を使っていたのだ。
矢尺が私と同じくらいなので、前の矢ならと思いあげたのだ。
(私自身は、もうこの重さの矢はほぼ使えない)。

弓力を上げたために、重い矢が必要となってる。
というと、門人の方から、古い矢をいただいた。少々矢尺が長いので、少しは重いかなという程度ではあるが、結構気に入っている。が、5本しかないので、ちょっと怖い。
(矢は最低4本はないと、大会などで困る)。
五本あっても、甲矢と乙矢という区別があるので、数あるから善いというわけでない。
乙矢が2本なので、次に乙矢を痛めたら、四つ矢ではない・・・。
気にしない人もいるかもしれないが、私は気にする。

ららさん、その弓力なら「カーボン矢」がいいですよ。

そう言われたこともある。
今使っているジュラルミンは、折れ曲がりに弱く、強さも弱い。
矢飛びが違うと先輩方はおっしゃる。

欲が出る。

ネットや矢師の人に相談してみた。

イーストンの80-23とかなら、バッチリ。
しかし、値段的には3万を超す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しばらく考えていた。
お財布と相談だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
むりだなw


そりゃ、無理すれば買えるというか、ネットでクレジットカードでポチッとすればいい。
けど、今日結論。

とりあえず、来年の6月までは現行の矢で行く。
9月の五段審査を受けることになったら、好きな矢を買う。
それまで、お金を貯めていく。(計算したら、一日200円位を貯金すればいい)。

なので、自分の失敗を矢のせいにしない。
正しく動けば、正しく中る。
身体への信頼を作り上げる。
そして、それは、メインの武術と同じ。
信頼するよ。頭じゃない身体を信頼する。
身体の方がずっと賢いのだ。

さて。一件落着。
ただ、ただ、稽古に励むのみ。
2018/12/15(土) 23:58 武術(道具) PERMALINK COM(0)
あなたのことを書いてたら、途中で消えた(ToT)
あなたは元気だろうか。
妄想を書き散らしていたら、見苦しいと神さまが消しちゃった。

私は、あなたのことを覚えているけど、会いたくて会いたくてたまらないけど、でも、今は稽古に励むだけです。
本当に修得できるのか不安の日々の中で、生きています。

あなたは家族と笑い合っているだろうか。
あなたは、最愛の人に囲まれて、美しい風景の中で美味しいご飯を食べているだろうか。
そうなら、私も満足で、私も幸せです。

私は、日々を当たり前に過ごして、日々稽古することが一番幸せなのでw
明日、地球が滅ぶとしても、私は稽古を続けます。

あなたが幸せでありますように。

おやすみなさい。
2018/12/14(金) 23:45 あなたに PERMALINK COM(0)
ずっと弓で悩んできたことがある。
体術では、腕が短い私は大変不利ではあった。
不利は不利として理解していたので、私の空手は密着からの投げという、ちょっと伝統派的にはダメなものである。
(捌きを使うフルコンではOKであるが)。

弓では、身長や矢尺(腕の長さが基準)が使う弓のサイズを規定する。
私の場合、身長でも矢尺でも「並」で十分と言われてきた。
ところが、伸び寸の弓を引いて「引きすぎている」という謎の事態が・・・。
(伸び寸だと私の矢尺では引き足りないはずである)。
普通は、引きすぎ=たぐっていると考えるので、射型が悪いということになる。
ところが、射型は悪くない。
たぐっていない。

私の射を初めて見る高段者は「(-_- )引きすぎだよ」(矢の残りを見て言う)。
「(-_- )引き足りないよ」(馬手の肘の位置を見て言う)。
のどちらかの注意(アドバイス)を下さる。

それを師匠に言うと、別に引きすぎでもないし引き足りないこともない。大丈夫と太鼓判である。
でも・・・と私が言いつのると、ちょっと考えてから、「あなた腕短いよね」という。

はい。

で、師匠から質問されたのは次のこと。
「あなたは肘から先が短い? それとも二の腕が短い? 特徴があるよね」

は!?

思い出した。同じくらいの背丈の妹と肘をついて前腕の長さを比べたとき、手首のしわの位置も指の先までの長さもまるきり違ったことを。
つまり、私は腕が短い理由は「前腕(肘から先)」が短いからなのである。

で、同じだけ弓を引いたとして、肘の位置はここね。
すると、あなたの場合は普通の人よりもすっごく大きく引けるの。
だから、腕の長さに合わせて作った矢尺では引きすぎたように見えるの。
(実際に後で確認したら、矢先は2㎝くらいしか残っていない。普通矢先は10㎝くらいは残して作るものだ)。
そして、十分に引いていても、肘の位置はここだから「引き足りない」という人も出てくる。
大丈夫。引けてるから、それでやってね。
背が低くても、腕が短くても、あなたのような体型の人はダイナミックに大きく引けるから、すごいお得なんだよ。

はー。

弓が可愛そうだから、並寸は引かないほうが良いかもよ?

竹弓は並寸なので、ちょっとだけションボリしてしまうが、長年(大げさ)の悩みが溶けた一瞬。
そして、腕が短いという不利ばかり考えていたが、弓では不利にならないということの発見のうれしさ。
伸び寸を使って稽古してよいというお墨付きをもらって、とてもホッとした。
身長を見た人は「なんであなたが伸び寸なの? 腕が長い人なの?」なんて詰問口調で来る人もあるので。

もう理解できたので、胸を張って「このサイズの弓でないと、きちんと引けません」と言えばいいのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一つの難題は、竹弓である。
ぬか喜びだったかなあ。
やっぱり自腹で買わなくちゃダメかなあ・・・。

でも、お金がないのに無理しない!

矢もボロボロだが、しばらくグラス弓を引けば良い。
道具にお金をかけない。
五段受審のときに考えることとしよう。



一つ、懸案事項(後述)が解決して、気分よく引けました。
もちろん、満足の行く出来ではありませんが・・・。

2018/12/12
人数が多く、二立ち作る。
全体で六立。

  一立ちめ ○  ○
  二立ちめ ○  ×
  三立ちめ ×  ×
  四立ちめ ×  ○
  五立ちめ ○  ×
  六立ちめ ×  ○

 ★全体で半矢。
  何より、初めての定めの座を取るときの「オチ」をやらせてもらって、全然ダメだったのが
  ションボリ(´・ω・`)。
  焦りすぎて、定めに入るのが早い。体配まだまだ。
  そして、一立ち目の乙矢。自分でも驚くくらい楽に引けて、楽に離れた。後でビデオで見たら、
  まったく身体がぶれてない。
  中ったから善いではなく、中っても中らなくても本当に弓矢の力を信頼して、自分の筋肉が出
  しゃばることなく動けたと思う。
  こういうのがあるから、やめられないのだなあと思う。
  メインの武術とまったく同じである。
  私の中では、「信頼」が大きい。やっぱり信頼できないために、筋力を総動員してしまう。
  先日の大会で、入賞を逃した悔しさが少し薄れたのは良かった。悔しいは執着につながるからね。

  ちなみに、六段受けの先生が大会で、「同じ半矢でも、中ったり中らなかったりはダメなの。コンスタントに二本に一本入っているような人が良いのよ。あら、全部半矢の人がいるのね。あら、ららさんじゃないの!」ということがあった。ありがたいことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

懸案事項については、記事を改めようと思います。

  
  
2018/12/12(水) 21:02 K会記録 PERMALINK COM(0)