居合の道場で、「見学者が来るよ」という話になる。

ほ、ほうー。良かったですね。

私は何の気なしに返事する。

あ、ららさん、見学者は○○道の初段らしいんですよ。
○○道は、ららさんも、いたよね?

あ、はい。

一〇年くらいかな。弐段まで行ったけど、やめたんです。
今のメイン武術と理合いが違いすぎるのでw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、見学者に「ららさんを知ってるか?」と聞いたらしい。
答は「知らない」。

アハハ。
武道やる人が全員知り合いじゃないっすよ。
無茶ぶりやんなー。

その女性(女性なのである)が、今度杖道と居合を見学体験に来る。
ららさん、悪いけどその日、杖から来てくれる?
マンツーマンじゃ、相手も緊張するでしょ?

あ、はい。

答えてから、ありゃーと思う。
杖道するつもりは・・・いや、あの。その。
週一で良ければ・・・居合の前にちょっとだけ・・・なら・・・。
ごにょごにょと自分の中で言い訳して「参ります」と答え直す。

よろしくね。
先生は全然気にしない風だが。

あらー。杖もちょっとかじるかー。
(既に、Iちゃんの先生のところで、ちょっとかじってはいるのだがw)
まあ、成り行きに任せます。
武術の神さまは、私に杖をやらせたい?

そして、メイン武術は混迷していくばかり。
看板も道場名もどうでもいいです!!
お願いします。技を身につけさせてください!!!
(>o<)。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください