いつもそう思う。
言うと、なんかクドいのでもう言葉にはしない。
なんだろう。
好きな人とするのはもう、全然違う。
楽しんで良いよと自分に許せる年齢になって、相手に楽しんでもらおうと思ってすると、全然違う。
妊娠の可能性におびえないでするのは、すごく良い。(避妊をしていてるとしても、妊娠の可能性ゼロではないが、万が一にでも妊娠すれば産むだけなので、何も怖くない)。
感じようと思って、受け入れようと思って、主体として行為を引き受けることが、こんなに自分を変えるとは。
時々、道に迷う子どものように感じる。私は、身体感覚に己をすべて奪われる。
でも、手を伸ばせば、あなたがいて、私の中に、あなたがいる。その至福。

上で達したのは初めてだった。
私の手が支点になっていたので、肩が痛くないか心配だった。
途中から、ごめんなさいと思った。もう心遣いができなくなって、私は私の中にだけ集中して、私の中のあなたの巨大な物を感じていた。
今でも、思い出すと疼く。

それから達した後のことは、記憶がとぎれとぎれ。
こんなのはじめて。
のど元まででかかったが、黙ってた。
というか、言葉を失っていた。
生き物の私。
ただ、「今」「ここ」を生きるだけの私がそこにいた。

あなたと過ごせて幸せだった。

願わくば、あなたも、私と過ごす時間が幸せでありますように。

いつか。また。
2017/12/04(月) 01:33 身体論(性愛) PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください