今日は満月。
山から下りてくる私の目に、ちょうど月が昇ってくるのが見えました。
丸く明るく黄色い月。おいしそうな色! カスタードプリンのような。

あなたは、今日は夜は外に出てないかな。
夏休み最後の日曜日。
(9月にも日曜日はあるけど)。
お孫さんたちと、楽しい時間を過ごしたでしょうか。
奥さまといつもの日常を、過ごしたでしょうか。

私も明日から日常に復帰します。
明日から授業です。

月がきれいですね。

もうすぐ8月が終わります。
二ヶ月が過ぎます。
あっという間です。
きっと、これからもあっという間です。
あなたに会いたいです。
2018/08/26(日) 22:46 あなたに PERMALINK COM(0)




今でもあなたはわたしの光
2018/08/23(木) 00:19 あなたに PERMALINK COM(0)
もう、メールはもらえないのだと思ってました。
面倒くさいだろうなとと思ってました。

だから、平気でした。
けれど、メールを見てどんなに嬉しかったか。
ありがとうございます。

挑戦し続けることを、応援してくれる存在がいることは、どんなに心強いだろうか。
そして、それを自身のよろこびのように祝福してくれる存在のどんなに嬉しいことだろうか。

挫けそうになるし、もうやめようと思うことが何度もあります。
最後の最後で踏みとどまっているのは、きっと応援があるからだと思う。

次の挑戦は・・・。

がんばります。
2018/08/21(火) 09:00 あなたに PERMALINK COM(0)
三年前の8月は、最後の稽古だった。
最後の稽古になるとは思わないで、ただ必死に稽古していた。
まさかこんなことになるとは思わなかった。
三年後も同じように稽古していると思っていた。

だからこそ、今思う。
三年後も稽古していたい。
だから。
だからこそ。

後顧の憂いを取り除くことを選んだ私。
あなたのためと言いながら、私のためでもあるのです。
あの日の夢は、電話でした。
師匠からの電話で、破門を言い渡されました。
二度と関係各所で稽古はできないと。

震え上がりました。
そうか。そういう復讐の仕方があったか・・・。
裁判になったり、訴えられたりは予想の範囲でした。
そうではなく、一番効果的な方法で、私はダメージを食らいました。
そうか。
師匠に直訴されれば、私は終いなのだ。
師匠だけでなく、兄弟子や関係各所に私の所業はすべて通達されていて、私は居場所がなくなった。
私の門人たちも、後ろ指をさして私を非難した。
こんな三年後は嫌だ。
私は泣いた。

信用も、何もかも失った私は泣いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、許してください。

稽古を続けたい。
三年後も続けていたい。
だから、ごめんなさい。
会いたいと言い、無理矢理あなたを引き込んだのに、私の都合で会わないと言う。
なんて身勝手な。なんて自分勝手なと思う。

でも、今は無理です。
三年後、稽古を続けることができたら。
変わらず稽古があれば。
それで十分。

あなたが、元気で過ごしてくれれば。
あなたが、笑顔で過ごしてくれれば。

あなたの息災を祈ります。
三年後も変わらず、あなたの笑顔がありますように。





2018/08/14(火) 21:45 あなたに PERMALINK COM(0)
来世でも・・・と言ってる時点で、私は解脱できないのだろうな。
執着ではないと思っているけど、私はやっぱりあなたが好きだし、あなたがこの世にいることが嬉しいし、あなたに会いたい。

好きとか嫌いとか、男とか女とか、性別とか、欲望とか全部捨て去ったところにしか解脱がないのだったら、今は無理だなあと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビですごい花火大会。
良いなあと思う。
私は花火を見たのは人生で2回くらいかな。
子どもを連れて、人混みに入って、死にそうな思いをしたものだ。
それに懲りて、少し遠くから娘とみたのが次の年。
そして、わざわざ見に行かなくなった。

いつか、行きましょう。一緒に。

手を繋いでください。
恋人でなくても良いですから。
私があなたの手を握って、あなたを守りましょう。
いつかの未来で、あなたが私の子どもであるかもしれないし、あなたが私の父かもしれない。
いつか、あなたとしっかり手をつなげたら、私はそれで十分だから、やっとそのとき輪廻から外れるのでしょう。

それまでは、あなたに出会いたい。
何度でも、何度でも。



2018/08/12(日) 09:38 あなたに PERMALINK COM(0)
こちらはそれほどでもなかったですよ。
一日中、お片付けをしてました。
アイスを食べて、お菓子を食べて、おにぎりを食べて。
糖質まみれで、子どもたちと過ごしました。
懐かしい落書きや、懐かしい服。
何もかも懐かしく、しかし、使わないものは処分しました。

今日はお疲れさま。
無事にやり遂げられたことと思います。
今でも、私があなたと「関係ないのだ」という事実がチクチクと胸を刺しますが。
そもそも、私はあなたと「関係ない」人間だったのでしょう。
最初から最後まで。

それでも、あなたは優しかった。

だから、私は頑張れる!!
あなたが、あなたの道をしっかり進めますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
片付けの中から出てきたもので、便せんと封筒セットとか絵はがきがたくさん出てきました。
許されるなら、手書きであなたに送りたい。
お元気ですか? 暑中お見舞い申し上げます。
暑いですね。とありきたりの挨拶をおくりたい。

それは叶わぬ願いで、私は可愛い絵はがきをそっと袋に戻した。
2018/07/29(日) 23:09 あなたに PERMALINK COM(0)