で。

三年で何ができるかを、色々考えてみたわけですよ。
そりゃあ、三年前は弓をしていなかった。
まさか、三年後に四段になってるとは夢にも思ってなかったですね。
新しく、何かやりたいという「病」はウズウズしているんですよ。
私は新しいもの好きな一面もあるんです。

でも、もう、可能な武道武術はあらかたやってしまった。

杖術という手もあるけど。
覚えることが多すぎだよねえ。
(神道夢想流の杖道は六十八の型があり、「仕」と「受」があるからなあ。覚えるの二倍(^o^))
ただ、真面目にやれば、三年後は初段くらいは取れているはずですが。ちょうど三年で初段(毎回審査を受けて)。

柔道剣道には手を出さない。

少林寺拳法は、空手と被るので、やらない。
(打撃系武術はもういい。十分やったし)
相撲もしないしw
銃剣道もやらない。(真面目な話をすると、あれはフランスの銃剣術と日本の槍術を混ぜたものである。槍術だけなら良いが、日本以外のものを混ぜた時点で、私はやりたくない)。

となると、もう所謂「武道」九種目の中で残っているものは、ないんですよ。
というか、ここまで書いて気づいたけど、武道武術関連以外のことを全然考えなかった自分に驚きとともに、諦めというか。

もちろん、本当に一番やりたい武術がある。やっているし、先生にも習っている。
けど、三年で何とかなるとかまったく思えないんですね(ToT)。
そして、稽古日数を増やしたいけど、無理なのです。(金銭的に)。

それは続けます。
続けて稽古しますとも。
三年後も三十年後も。
そのために、あのヒトといったんは別れたのだから。
稽古とどちらをとるかと、自問して稽古をとったのだから。
ごめんなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、なんか久しぶりにワクワクした。
新しいことをしようと考えるのは、一種の私としては良い気晴らしになります。

あ、でも。
あと三年で、五段と錬士を取ります。
三年後が楽しみです。




2018/09/05(水) 22:58 日常 PERMALINK COM(0)
元気ですか?
私は、まあまあ・・・かな。

今日は、大会でした。
また100人超えの参加者でしたが、今日は入賞しました。
三位までではないので、ホームページには名前は載りません。
(新聞には名前がでるらしいですが)。

暑かったです。顔が日焼けしてヒリヒリします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、お世話になった師匠の友人の奥さまから着物をいただきました。

お礼にとはヘンですが、ホームページを作るのはこうやるのだということをお見せしました。
実際には公開していないので、レイアウトとか中身のイメージだけですが。

そのとき、その方の使っているパソコンをお借りしました。

・・・他人のパソコンを触るのはよくないです。(´・ω・`)
私は何気なく、言われるとおり色々と文言を打ち込んでいたのですが(私の方がタイピングが早いので)。

パソコンには「予想変換」という機能がございます。
使ったことのある文字を優先して変換候補として出してくるというものです。
これが、怖い。

ひ・・・人妻
せ・・・性欲

などと言った変換候補が並ぶわけです。
一瞬、「見間違えかな?」と思いつつスルーしていたのですが。
(私のタイピングのスピードは、変換候補を全部見る時間よりも早いので)。
何度も何度も、ちょっと卑猥な言葉が出てくるのに頭を抱えました。
もちろん、知らないふりをしましたよ。
たぶん、私がそういうことに気づいたことは一生知らないままでしょう。

奥さまはとてもチャーミングな方で、友だちになりたいタイプ。
朗らかで、とても気立てのよい方でした。

ご友人は70代。
解脱したかのような風貌ですし、職業は厳格な宗教家です。

もちろん、不倫も浮気もしていないでしょう。
でも、このパソコンでは、きっとちょっとエッチな動画やエッチな話を探している。
それは、良いんですか? 神さま・・・。
キリストは、「思うだけでも、それはもう罪である」と言った様な気がするんですが。

誰にも言えない秘密なので、ここに書きましたが。
どなたかわかっても、決して他人に言わないで下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から隣県までの仕事も再開です。

ほら、もう二ヶ月経ちました。(正確にはあと、5日で二ヶ月)。

あなたと同じ年齢のAさんは、弓道を続けるそうです。(Aさんは、以前あなたがいた稽古場にいる女性です)。
三年後には段位を取って、指導のお手伝いをしているでしょう。
私は三年続けたと胸を張れるものを、一つくらい探しておきましょうか。
(というか、探しているうちに二ヶ月経っちゃったんですがね)。

石の上にも三年って言いますし。
よし。
今週中に考えよう。


2018/09/02(日) 23:44 日常 PERMALINK COM(0)
昨夜、無事帰宅。
昨夜は、あのヒトにすれ違う可能性は全然なかっったので、心穏やかに戻ってきました。

学生も良い子たちだった。
がんばった分、幸せをもらった。
これ以上の、報酬はない。
(この出張は、交通費と宿泊費が学校から出るが、足が出るのである。そんな安い宿もないし、新幹線の安い切符もない)。
足が出てもなんとか続けて行くのは、彼らから学ぶことも多いし、やり甲斐があるからだろう。


9月になってしまった。
今朝は空手で汗を流したが、午後は採点とテスト作成に邁進します。
そして、明日は月例会。少しでも中てて、入賞を狙いたい。
さて。
がんばります。
2018/09/01(土) 14:33 日常 PERMALINK COM(0)
さて。集中講義その2が明日から。
ホテル住まいである。
今年は、色々あって常宿を変えた。
いつも泊まるところは、ちょっとお高い。
一白千円以上違うなら、ちょっとくらい不便でも「一番安い宿」。
ただし、ドミトリー形式じゃないところ。
一人で勉強できればそれでよい。

というわけで、いつもより狭くて小汚いホテル。
それでも、2泊で7600円というのは、まあまあだろう。
そして、大学からはそのくらいの補助しかない。
数百円は足が出る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、さっきまで師匠の友人のお宅で飲んでたんである。
(ビール一杯だが)。
大ごちそうで、昼も夜もごちそう責めw
おいしかった。
けど、仕事に来たのをすっかり忘れて、さっき我に返り予習中。

師匠の友人とその人の妻なる人は、ものすごく聞き上手で、気づいてたら「なぜ私がここにいるか」という根源的な話をしていた。
当然自分の武歴は披露するわけだが・・・。
奥さまなどは、涙ぐみながら共感して聞いて下さったが。
すごいねー。がんばったねー。つらかったねー。
といってくれるのは、その話の中で、一番大事なところを言っていないからだろう。

一生秘密にして、墓場に持って行く話。
誰にも言わない。
客観的に見れば、私は最低の人間で、地獄に墜ちる人間だろう。

あのヒトを惑わした罪。
あのヒトを地獄に引き込んだ罪。

本当にごめんなさい。

今でも未練がましく、カレンダーを見てはため息をつく。

「夢ならばどれほどよかったでしょう♪」米津玄師『Lemon』
いいえ。私にとっては夢で十二分に罰を受けました。
夢でなかったら、私はここにはいないと思う。
夢を見ず、現実にそういうことがあったら、私は生きていられないだろうと思う。
無理だ。

夢に見たから助かったとも言えるけど、あなたと会うのは、今は無理だ。

夢に見ず、実際にも何もなく、今まで通りだったらどんなによかったろうと思うこともある。
でも、きっとそれは、単に考えない愚者の思考に過ぎない。
最悪を想定して、最善を期待する・・・ということを、がん告知に関する本で知った。
生きるか死ぬかの間で、患者さんたちにしてもらうのは、「最悪を想定するが、最善を期待する生き方」である。
あり得る悪い事態に備えるが、常に前向きに生きる。
私もそうありたい。
そう願ったときに、最悪の事態のあまりの重さを、夢で知った。

これは備える以前の問題だ。
無理だ。

とにかく、時間を下さいと思った。
会いたいけど、会いたくない。

私はただ夢を見たとは思っていない。

原因があって、結果がある。
奥さまが、チラッとでも疑ったから夢を見たと思っている。
そして、夢は警告だと思っている。

あの、聡明な奥さまが、気づかないわけがない・・・と思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて。明日の予習します。
あなたは寝ているかしら。
ゆっくりしてくださいね。
おやすみなさい。


2018/08/30(木) 00:39 日常 PERMALINK COM(0)
地元なんだから、集中講義じゃなくていいとは想うが、カリキュラムの都合で・・・らしい。
しかし、一日6時間しゃべり通しのほぼ2日は辛い。
それも、最初は遠慮がちにしていた学生が、二日目になると色々と質問をぶつけてくる。
今日も、延長45分w
手当なしのサービス残業だ。

いや、それは全然嫌ではないのだが。
むしろ歓迎。
学生から質問相談がでるということは、とても名誉で光栄。
ありがたく思う。

でも、この年齢で徹夜もどきでも駄目だな。
2時間くらいは寝たが、身体が重く、辛い。

(身体が重いのは、月経にもなってしまったからw)

あと、これが3回ある(^^ゞ
2回は、遠くの学校だから前泊でホテル住まいとなるが。
やっていけるか心配。
がんばるぞ。

2018/08/10(金) 18:43 日常 PERMALINK COM(0)
袋小路に入ったままの、執筆。
まあ良いか。
もう、書ける気がしなくなった。

一端保留。pendingにしてもらう。
というか、出版社、似たような本出し過ぎ。

・・・・・・・・・・・・・・
夏休みといっても、全然時間がない。
驚くほど。
雨や台風で、休みになった分の余波が、まだ。
試験までズレてしまい、8月も授業があるって、どうなの??
大丈夫なの? この暑さ。
いつまで続くのだろう・・・。

しかし、思えば、4か月もすれば「寒い寒い」とぼやいているのだろう。
時間が過ぎれば、暑さなどなくなるのだ。(もしなくならなければ、まさに天変地異)。

時間が過ぎることで暑さは解決する。
でも、時間が過ぎたからといって解決するわけではないこともある。
稽古をして時間が過ぎても、何も進歩がないように見える・・・。
こういうとき、もうやめたい・・・と。

このまま何もできないまま・・・かもしれない。

絶望と希望の間を揺れ動く。
ただ、時間が過ぎれば良いと思う。 

2018/07/24(火) 23:21 日常 PERMALINK COM(0)