実際の母には、花を送った。
自分は「母」でもあるが、子どもたちには何もいらないと伝えてある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、もうシンドイ。
もうアカンな日々の中で、何か石を買おうと思った。
石屋に行かなくなって、石たちを大事にはしているが、「この子」という石がなくて、先日一つ作ったばっかり。
けどねえ。お買い物がしたいなと思い、ネット上をウロウロしてた。
気になる石はいくつかあるけど、特に、グリーンファントムクオーツというのに魅かれる。
ググったけど、そんなに薄い緑じゃない。濃い緑。その緑と、黒水晶を組み合わせたものが気になる。
値段も、まあまあ。(税込み送料込みで、3,000円いかない)。

それと、天珠。
今、ちょっと魅かれる天珠ちゃんの中でも、変わり種の普段見ないタイプのを購入。
合わせて5,000円ちょい。(税込み、送込み)。
ラベンダーアメシスト以来だから、しばらくぶりの買い物。
かわいいー。というか、落ち着く―。

思ったよりも良いものが来た。
ラッキーというか、嬉しい。

ちょっと天珠はごついが、それでも、何とも言えない付け心地である。

しばらく、これで行こう。


通販でマズイのは、自覚あるから大丈夫だけど、「男性の私にぴったりの大きさですので、女性には少しぶかぶかかもしれません」とコメントがあっても、私には「やや小さい」のである。
どんだけ、手首太いの! ((+_+))
今後、通販で買うときには、男性ややゆったりめというサイズを目指して買わないと、いけませんね。
女性用のブレスのほうが、可愛いのがあるのになあ…。
いやいや。この子たちも十二分にかわいいのです。
癒されます。ありがとう!
2017/05/15(月) 13:52 PERMALINK COM(0)
で、すごいパワーだったけど、肘につけるのは無理があった。
(だらだらと落ちてくるw)
それに、人に見えないのはもったいない!

というわけで、一日で解体して、また組みなおし。
ヒマ人ならではの休日の過ごし方ですな。

今度は写真アップしません。
手首につけるものなんで。

あれ? 見たことある??
なんて、個人同定されたらたまりませんからね。
ちょっとシンプルになりました。パワーは少し違うけど(石の数が減った分だけは落ちてるかな)。
手元に、天珠のあるのは楽しい。
手首にギベオンがあるのは嬉しい。

というわけです。
2017/05/05(金) 10:38 PERMALINK COM(0)
で、昨日組んだブレスすごい!
(自画自賛! 手前味噌)。

最強ギベオンが入ってるんだもんなあ。
いや、ギベオン単体ではこんなことはない。
組み方が良かったんだよ。組み方が。(自画自賛)

石の声はわからない。
石の意志もわからない。
でも、私が「好き!」というのはある。「やだ」というのもある。
「好き!」で組みなおして、組み替えて、色々試行錯誤してたらできたもの。
好きという理由だけで作った。

天珠もどう使っていいかわからないけど、一緒にしちゃえーてな感じ。
ベースに配置したのは、テラヘルツと、ベン石。それも、左右対称じゃないですよ。
それも、ミソ。
左右対称って、整然としているだけで面白くない。
ならば。いろいろ変えて、まるで太極図のように左右で黒白が反転する並びになったの。

どやー。
てな具合。
でもね、これ、見えるところにつけるものじゃないの。
でかいなあって思ったでしょ?
私の手首は17センチでぴったり(女としてはバカでかい)。
これは、24.5センチくらい。
見えないところにつけてるの。
肘関節の上くらい。
ちょうど関節部が太くなって、そこで止まってくれる。

で、物は試しと、それをつけて運転していたら、左手の肘から先がぜんぜん別物になっちゃった。

なにこれー。

しばらく、その手が気化しちゃったみたいな感覚を楽しむ。
わあ、この手なら、門人のSさんも簡単に動かせるなあなんて。
ワハハと笑いながら帰宅して、右手の方にもつけてみたが、ちょっと違う。
左手onlyなのかな。
で、今まだ未練がましく右腕につけているけど。
確かに、「何か」はある。
けど、左ほど影響力はない。

ブレスのパワーじゃなくて、肘に何かあるという感覚の問題かもしれない。
けど、それに気づいただけでも、すごく面白い。
毎日つけることは無理だけど、たまにつけて遊んでみよう。

左手はまだ肘から先が別物のようだ。
軽いというか、表面が空間となじんでるというか。


きゃあ。楽しい。
2017/05/04(木) 13:15 PERMALINK COM(0)
20170313-175152.jpg

で、久々にネットで石も買った。
アメジストである。
薄いラベンダーアメジストの小さい玉に、親玉は濃いアメジスト。
ところどころにそろばん型の玉を入れて、華やかな感じにしている。
ちょっと「乙女」っぽから似合わないかなと思ったが、1800円税別、送料169円というのに乗せられてしまった。

アメジストは好きな石の一つである。
特に、ラベンダーアメジストと呼ばれるほんのりと色のついた水晶のかわいいことと言ったら!!
可愛いー。おとめー。

今回、「何か無駄遣いをしてみよう!」と思い立ったが、無駄遣いというか、そういう「必要ではないが、あるとホッとするもの」が欲しかったのかなと思う。
ほかにも、買ったものがあるので、シビアな話が続いたら、ちょっと箸休め的に載せようかと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、私の写真の腕の悪さよ。
人類学者として失格なのが、このセンスのなさである。
天は二物を与えずというが、方向感覚と写真センスはゼロである。
(あ、どちらも、人類学者にはほしいものだなあ)。

2017/03/13(月) 17:52 PERMALINK COM(0)
某所で話題になっていたテラヘルツ鉱石。
ネットで注文した。3,000円ちょい。
・・・・・・・

石屋に行かなくなて、しばらくたつ。
別に意味はないが、もう行かないんじゃないかなと思う。
石屋のおっさんも、奥さんもお母さんも好きだ。
特にお母さんは大好きだ。
いつも三人で店番しているが、お母さん以外の二人は、身体が「おかしい」。
たぶん、運動不足と意識不足。

私は身体感覚が移るので、なるべく遮断しているにしても、そのことはしみじみと感じる。
行くたびに、違和感を抱えて帰る。
彼らの話す不思議系の話も大好きだ。
でも、な。

そう思って、身体を置き去りにした不思議な話に少し困ってた。
身体や形、型の様式を無視した本質などない。

ある日、彼のブログにいかにもという表情の自撮りが載ってた。
ナルシストなのはいい。しかし、彼が発してるのは…。

うん。
やめた。

それで、私とその石屋との関係は終わり。
私は人間関係、意外とあっさりしている。
何か一つでも気に食わなければ、すぐに縁を切る。

Iちゃんが、「もったいない。全部が全部あんたの気に入る人などいないよ。部分的に付き合えばいいのに」というが、そんな器用な真似はできないのだ。
私は彼に、身体を動かすことを勧めたが、そういうことができる人ではないのだ。
分かっていたが、勧めて徒労に終わることにも疲れた。
私は、弱いツッパリ兄ちゃんが昔から嫌いだったんだもんな。
中学生のときはツッパリ連中を従えてたが、それは勉強ができて教師に遠慮せずモノを言うからであったが、喧嘩をしたとしても、彼らに引けを取る気はなかった。
弱いくせにツッパッて偉そうにしている奴らは大嫌いだった。
(まあ、偉そうなやつらは皆嫌いなんだが)。

そういうわけで、たぶん、石屋にはもう一生行かないだろう。
Iちゃんががっかりするが。彼女は年末に20万円ほど使ったばかりだし、しばらく行きたいとは言わないだろうが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、冒頭の話に戻る。
某所というのは、身体の勉強を続けている場でのことだ。
3000円程度なら、試してみようと思った。
自分でブレスを組んでみた。
ヒマだったのでw

これはいい。
テラヘルツは偽物も出回っているらしいので、用心しなければならないが、これは。
なんというか、軽いのである。

しばらくこれでいいな。
石屋と縁が切れても、石屋から連れ帰った石は大事にしてるし、また出番があるだろう。
2017/02/12(日) 21:28 PERMALINK COM(0)
石というカテゴリーも作っておこう。

「今日の午後は?」

Iちゃんから電話。

「今日の午後は弓だよ」

「何時まで?」

「集中力が続くまで」

「ふつうは?」

「ふつうは3時半くらいまでかな」

「じゃ少し早く終わって!」

???

はい??

彼女によれば、いつも一緒に行く石屋がセール中なので、行きたいとのこと。
私は、手持ちのお金が少なすぎるので、またお金が入ったらと思っていた・・・。
押し切られる形で「石屋に行く」ことになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弓は、今日はまだ的中のない新しい的に一本中てたので、良しとしようと早めに切り上げた。

石屋は久しぶり。
前回のセールのときは、ヒマラヤ水晶を10分の一くらいの値段で売ってもらった。
(私が買うのは、その時にお財布に入ってる額で出せるという額だ)。
その時の教訓。
気に入った物を買うのがベスト。

それまで、ほしいと思う石はなくて、店長に勧められるまま、購入してたんだ。

初めて欲しいと思ったヒマラヤ水晶は、いくつかの種類の石が入っててにぎやか。
その賑やかさの中に、わざわざ気に入ったピンクオパールを入れてもらったのだ。
可愛い色合いになって、大満足。
3千円を切る値段で手に入れて、店長に悪いなと思うくらいの、お気に入りになった。

以前、あのヒトに出会ったころに、その恋の行方を見守ってほしくて、そのために石屋に行った。
石屋の店長にそういうことは言わないが、私は、この恋を静かに密かに抱き続けられたらいいなと心の底から願っていたので、そういう石が来たと思った。

アメジストと、ラピス、ガーネットと、また割と賑やかしいブレスで、今でもお気に入りである。

お気に入りでずいぶんと付けていたが、恐ろしいことに、ある日、いくつかの石が欠けた。
あなたを守ったのだよと店長は慰めてくれたが、私は理由がわかっていた。
奥さまの念が来ていた。でも、まさか欠けるとは。
店長は似た石を探して、元のエネルギーに戻してくれたが、このブレスがなかったらと思うと、ぞっとした。
ありがとうと、欠けた子は、土に戻した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は全く買う気がなかった。
札は1000円札が、二枚(!)しか入っていない。あとは小銭である。
こんな財布を持って、買い物に出かけるわけにはいかない。
基本、Iちゃんの付き人であるw

Iちゃんと入荷したばかりのラリマーを見て、その美しさにうっとりする。
氷河を光に透かしたような、美しい柔らかい青。
青か・・・。青い石は、空を思い出すから、つらいな・・・。
そして、値段にがっくりする。20万とかだからだ。

店長ー、一粒売ってよ。

店長は「だめー」と。

もっとも、一粒たぶん1万は軽く超えるので、買えないんだが。
珍しい他の石を出してもらう。
スフェーンとか、初めて見た。つややかな上品な緑色は、Iちゃんに映える。

定価は10万越え。Iちゃんはお買い上げである!!!(少し値引きしてもらえたが)
(@_@)

私は、Iちゃんが悩んでる間、他の石を触っていた。
見る、触る、匂いを嗅ぐ、音を聞く。

いろいろ試してみると、地味な色の一つの石をつないだだけのものから、妙な音がする。
耳にかざしたときに、空気の流れが変わるからかな? と他の石でも試すがどうも違う。

これ、音してます?

店長は聞こえない人らしいが、石に聞くことはできるので石に聞く。
「うん、音がしてるよ。」

キーンって音? 私は聞こえたままの再現をする。
わーんという低い音ではなくて、ちょっと高い音っぽい。
それも強くなったり弱くなったりしてる。

へえー。
店長が驚く。「これも音がしてたんだ。気づかなかった」

店長によれば、音がする石は結構ある。
聞く能力がなければ、聞こえない。(何度も言うが、店長には聞こえていない。店長は石と話せるので「音出してる?」と聞いている)。
さっきのIちゃんお買い上げのスフェーンも、ゥワーンーという音がしてる。
スフェーンは音がするんだとこともなげに、店長は言う。

でも、これ、高い音。
なんの石?

蛍石だという。
結構好きな石だけど、地味な感じだなあとあまり買うつもりはない。
(だって、値札には「時価」と書いてあって、一万円の棚に放り込んであったのだ)。
一万円かあ・・・。

でも、すごいね。音が聞こえるとはね。
欲しいなら、もう出血大サービスで分けてあげる。
たぶん、聞こえるってことは、必要があるから聞こえてるんだよ。

店長の言った額は、私の財布に、あるかないかの額。
もしそれ以上の額を言われたら、私は何も思わず買うのをやめただろう。
えー、その額なら、あるかもー。
実際には、120円足りなくて、Iちゃんに120円借りる羽目になったw

腕につけていても、キーンというか、不思議な音がする。
石って、音がするんだー。

帰宅して、家族とざわざわしていたら、聞こえなくなった。
聞くのも集中力がいるみたいだ。
明日、また、聞こえたらいいな。
などと、不思議なことを書いてるよね??

地味な石は、私のグラウディングに手を貸してくれそうだ。
グラウディング。足を地につけて頑張るということかな。
しっかり、地球さんと仲良しになって、しっかり地球の中心へと根を下ろす。

恋愛に効きそうな石(!)じゃないのが、少し残念だけど。
また、一緒にがんばろうね。

しばらく、まだ踏ん張りどころが続く。


2016/08/08(月) 22:16 PERMALINK COM(0)