カテゴリーで何をもらったかが歴然なのだがw

昼過ぎに遅れてこられた師匠は、私の顔を見るなり「あ!」と言ってそのまま車に引き返していった。
まるで、ドラマを撮ってて失敗してTAKE2みたいな塩梅だったので、挨拶をした私たちはキョトンと師匠を待った。

これこれ!

師匠の手に握られていたのは、萎びた一枚の葉っぱ。
最初すっかり忘れていて意味がわからなかったのは秘密だ。

師匠が小笠原に遊びに行った時の話をしていて、そのとき小笠原の植物を買って帰って、今でも元気に育ってるんだよということで、どうも多肉植物みたいなので、私はたわむれに「先生ー、一部で良いから欲しいなあ。育ててみたい」と言ったのだった。それを師匠は覚えていてくれたのだ。
葉っぱから根と芽が出る。子宝草に少し似ている。
なんていう名前ですか? と聞くと「ハカラメ」というので、みんなで笑った。
そのまんまじゃん!!(葉から芽)

可愛らしい根っこと可愛らしい芽がちょっと出てる萎びた葉っぱの一枚を受け取って、私は嬉しくて仕方なかった。

先生、ありがとうございます!
大事にします!!

そういうと、「霜にだけは当ててくれるなよ」とちょっと難しい顔をした。先生は一度霜に当てかけて、枯らしかけたらしいのだ。
気をつけますよー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、私には師匠が3人いる。
どなたも七〇代半ば。
どなたからも、植物をいただいている。

身体を整えるお茶、筆、その他をやっている師匠からは、サボテンを。
一番メインの中心となる武術の師匠からは、セダムという野草のように強い多肉植物を。(もともと野草なのである。師匠の家の庭にあったものだ)。
そして、弓の師匠からは「ハカラメ」。

サボテンは、日当たりが悪く死にかけていたが、したたかに生き延びている。
セダムは、葉っぱがこぼれ落ちて、至るところに子孫を増やしている。
そして、ハカラメ。
今日、小さな苗床を作って、そっと葉っぱを置く。

元気に育ちますように。
すべての種目が、実を結びますように。

そういえば、一番古株の空手は、本部の落成式のときに送った花束のおまけでもらったエケベリアという多肉植物が一〇数年以上生き延びて巨大になっている。玄関先には、その多肉が所狭しと繁茂している。

あー幸せ。
幸せな光景。

師匠、ありがとう!
2017/09/15(金) 20:39 多肉植物 PERMALINK COM(0)
セダムの花

今年はセダムの花が咲いた!!
すごいー。可愛い。
嬉しい。

2016/06/12(日) 22:57 多肉植物 PERMALINK COM(0)