オトコがめっきりやらなくなった。
口では色々言うが、夜は寝ている。

そういうお年頃なのかもしれないと、私は見守っている。

私自身は、まだ定期的に月経が訪れているし、更年期の症状というのはほぼない。
時々、甘いものが無性に食べたくなるのと、関節痛(右)があることくらいである。
関節痛は昔からだし。原因は刀だしw

私も別にやりたいという気分にはなれないので、もう気にならない。
しかし、10日に一度くらい「溜まる」のか、突然襲われる。
そういうときには、自分が楽しもうとか、相手を楽しませようという余裕はオトコにはないみたいだ。
あっという間に終わって「ごめんね。今度はゆっくりしようね」とか「次は後ろからしよう」と言ってくれるのだが、ついぞゆっくりしたことなどない。
私は、違和感と引っ張られる感じに少し戸惑いながら、少しでも感じたいとは思うが時間切れとなる。
できないわけではないが、私にとっては楽しみではないし、オトコが自分だけ満足して寝ているのを見ると、薄らと殺意すら抱く。
いっそ、完全にレスになってくれれば良いのにと思う。

年齢が上がるということは、こういうことなのだろう。
別に挿入を求めているわけじゃないが、なくなっていくのかと改めて感慨深い。
もう、誰ともしないのかもしれないと思う。

しなくても良いと思う。
あのヒトとはしたいけど、しなくてもいい。
あのヒトとは、手を握るだけでもいい。
いや、声を聞くだけでもいい。姿を見れたら嬉しい。

私もそういう季節が終わっていくのだろうか。
三年後には当然閉経しているのだろうか。
こうやって時代が終わっていく。

私自身も、老いと死へ向かって粛々と歩みを進めているのである。


2018/11/03(土) 23:22 身体論(性愛) PERMALINK COM(0)
明日は月例射会である。
いつものように、楽しく中てっこして帰ることはできないのである。

介添という役を仰せつかった。
四段以上はやるものらしい。

で、稽古をしてきたが・・・。
射手の黒子として、文字通り黒の紋付きで控え、私は第二なので矢の処理と矢を運ぶ役目を担う。
全体として二〇分程度の「矢渡し」という行事であるが、正直難しい(ToT)。
手順を覚えれば簡単なのだろうが・・・。

大失敗をしないで済むよう祈って下さいm(__)m
小失敗は、ある程度仕方ないっす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弓の醍醐味は、こういう礼射の作法にもあるのだと思うが・・・。
もっとも、大勢の注視の中やるということは、精神を鍛える意味では重要だっったりする。
今から緊張しているが、また射場に入ったらもっと緊張するのだろう。
介添が終われば、着替えて普通に射会に参加することになるが、師匠からは「射会のほうはまあ、諦めなさい」と言われている。
介添は脚がパンパンになるのだ・・・。中腰の蹲踞でずっと待たねばいけないので。

まあ、それもこれも経験だとは思っている。

段位を上げることに、何の思いもない。
(もちろん、私にパワハラをやったある指導者が五段錬士なのでそれは超えたいとは常々思っているが)。
しかし、先生方の期待には添いたい。

緊張するー。
ニュースを見たくない。
新聞も、ネットも見たくない。
どうしてこうなのかと自問自答する。

セクハラされた人を叩く文言。
痴漢された人を「そんな場所に行くのが悪い」という文言。
生きて帰った安田さんを叩く文言。
原子力発電の廃炉について、何も考えていないエネルギー政策の文言。
外国人労働者を使い捨てにしようという魂胆丸見えの文言。

もう嫌だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に女性に関する問題では、私が苦しんで苦しんで何とかしようともがいた時代よりも「見えにくく」なってしまっていて、フェミニストと自称することすら、憚られるようになってしまった。
けど、何も変わってないし、あれだけ「おかしい」と言い続けても何も変わってない。

だいたい、ミスコン批判などあれほどしたのにそういうことを言うのは、空気を読まないやつだと・・・。

苦しい。
私は生き延びた。
ブスでもデブでも、料理が下手でも、「女」だ。
痩せたくて、きれいになりたくて、でもなれなかった。
でも、それでいいのだと、今は思う。

生き延びただけでも、自分を肯定したいと思うが、あまりの無力感に落ち込む。

私が、モノを言い続けたのは私自身のためだけではない。
若い女性たちが同じ轍を踏まず、少しでも生きやすい世の中になるように、だ。

私は私を救ったが、私以外は救えなかったのだ。
わかる。わかっている。自分以外を「救う」など大それたことだと知っている。

しかし、夢を持っていたのだ。
そして、夢は潰れたのだ。

夢の破れた後の世界を、生きるのは辛い。
いや、まだ諦めきれないから辛いのかもしれない。
ただ、自分だけが楽しく生きれば良いと思えないのがいけないのだと思う。

それでも、無力感に苛まれる。
2018/11/03(土) 21:23 日常 PERMALINK COM(0)